スポーツ

J1徳島の新監督、ポジティブに 「残留達成へいいプレーを」

 オンライン取材に応じるJ1徳島のダニエル・ポヤトス新監督

 新型コロナウイルス対策でスポーツ関連の入国に対する特例が一時凍結となり、来日のめどが立っていないJ1徳島のダニエル・ポヤトス新監督(42)が16日、オンラインで取材に応じ「この状況をネガティブに考えてもしょうがないので、ポジティブに今できることを一つ一つやっていく。J1残留の目標達成のためにいいプレーをしたい」と話した。

 スペインに滞在している同監督は、昨季のチームのほぼ全試合のビデオを見て選手の特徴を把握し、日本にいるコーチ、スタッフとはオンラインで会議を重ねている。18日開始のキャンプ中も映像を取り寄せて仕上がりを見るという。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス