スポーツ

井岡一翔のタトゥーに厳重注意 JBC、大みそかの世界戦巡り

 昨年大みそかのボクシング世界戦で、タトゥーが露出した状態で闘った井岡一翔(右)=大田区総合体育館

 日本ボクシングコミッション(JBC)は22日、ルールに違反し左腕の入れ墨(タトゥー)が露出した状態で闘った世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井岡一翔(31)を厳重注意処分にしたと発表した。21日の倫理委員会で決めた。

 井岡は2度目の防衛に成功した昨年大みそかの世界戦で入れ墨をファンデーションで隠して臨んだが徐々にはがれ落ち、見えるようになった。ルールに「入れ墨など観客に不快の念を与える風体の者」は試合に出場できないと定められており、物議を醸していた。

 JBCは「現時点でルールを変更することは考えていない」とコメントした。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス