東京、新たに868人が感染 減少傾向続く、死亡は17人

 東京都庁

 東京都は29日、新型コロナウイルスの感染者が新たに868人報告されたと発表した。直近7日間の1日当たり平均は943・6人となり、減少傾向が続いている。7日間平均で示す陽性率も下落が続き7・8%となった。一方で40~90代の17人の死亡が確認され、死者の累計は864人となった。

 死者17人のうち1人は40代の男性。高血圧の症状があり、過去にがんの手術も受けていた。今月7日に感染が判明し、15日に入院先で亡くなった。

 医療機関への負荷は高い状態が続いている。入院患者は前日より15人増の2903人、うち重症者は3人減の147人となった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス