WHO、武漢の海鮮市場を視察 滞在1時間、解明は不透明

 「華南海鮮卸売市場」に入るWHOの国際調査団を乗せた車列=31日、中国・武漢(共同)

 【武漢共同】中国湖北省武漢で新型コロナウイルスの起源を調べている世界保健機関(WHO)の国際調査団は31日、世界で初めて集団感染が確認された「華南海鮮卸売市場」を視察した。2019年12月の流行確認から1年以上を経て、国際機関の専門家による実地調査がようやく実現した。ただ視察は1時間強で終了。既に閉鎖された市場に残る手掛かりは限りがあるとみられ、起源解明に結び付くかどうかは不透明だ。

 新型コロナの元の宿主はコウモリだとみられているが、人へ広まった経緯は不明で、調査団は中間宿主の動物がいた可能性などを探っている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス