くらし

柴又の老舗料亭「川甚」歴史に幕 「寅さん」舞台、コロナで苦境

 営業を終え、一礼する老舗料亭「川甚」8代目社長の天宮一輝さん。新型コロナウイルス感染拡大の影響で230年余りの歴史に幕を下ろした=31日午後、東京都葛飾区

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、各地の飲食店が苦境にあえぐ中、東京都葛飾区柴又にある川魚料理の老舗料亭「川甚」が31日、営業を終え、230年余りの歴史に幕を下ろした。夏目漱石ら名だたる文豪の作品に登場し、映画「男はつらいよ」の舞台にもなった名店もコロナ禍で閉店を余儀なくされ、なじみの客らが惜しんだ。

 創業は江戸時代後期の寛政年間。コイやウナギなどの川魚料理が有名で、夏目漱石をはじめ、谷崎潤一郎や松本清張の作品にも登場した。「男はつらいよ」の第1作では、渥美清さんが演じる主人公・車寅次郎の妹、さくらと博の結婚披露宴の舞台にもなった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス