スポーツ

選抜、神戸国際大付―北海で開幕 出場32校、対戦カード決まる

 オンラインで開催された第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会にリモートで参加した各校の主将=23日、大阪市(代表撮影)

 第93回選抜高校野球大会(3月19日から13日間・甲子園)の組み合わせ抽選会が23日、オンラインで開催され、出場32校の対戦カードが決まった。開幕試合は神戸国際大付(兵庫)と北海(北海道)の顔合わせ。新型コロナの状況を踏まえ、出場校の主将が自校からリモートで参加した。

 秋季近畿大会覇者の智弁学園(奈良)が同準優勝の大阪桐蔭と対戦。秋季九州大会を制した大崎(長崎)は決勝で破った福岡大大濠と戦う。

 八戸西(青森)と具志川商(沖縄)は、21世紀枠同士の対戦。

 選手宣誓は、第1日の3試合を戦う6校による抽選で、仙台育英(宮城)の島貫丞主将が務めることになった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス