東京290人感染、21人死亡 7日間平均は微増

 東京都庁(中央)と周辺の町並み(共同通信社ヘリから)

 東京都は9日、新型コロナウイルスの感染者が新たに290人報告されたと発表した。直近7日間の平均では1日当たり261・7人となり、前日から微増。50~90代の感染者21人の死亡も確認され、死者の累計は1500人となった。

 都の担当者は「感染者数がなかなか下がりにくくなってきた。厳しい状況だ」と危機感を示した。新規感染者290人のうち62人は家庭内感染で、家庭内での対策も重要だとした。

 入院患者は前日より66人減の1361人、うち重症者は7人減の39人となった。7日間平均で示す陽性率は3・3%だった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス