スポーツ

モーグル堀島「銅」、住吉8位 世界選手権

 堀島行真

 フリースタイルスキーの世界選手権は9日、カザフスタンのアルマトイで非五輪種目のデュアルモーグルが行われ、男子は2大会ぶりの優勝を狙った堀島行真(トヨタ自動車)が銅メダルを獲得した。2大会連続2冠を達成したミカエル・キングズベリー(カナダ)に準決勝で敗れ、3位決定戦を制した。

 女子は住吉輝紗良(日大)の8位が最高。前日のモーグルで日本勢最高の5位に入った冨高日向子(多摩大)は3回戦で敗れた。川村あんり(東京・日体大桜華高)は疲労蓄積のため棄権した。(共同)


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス