スポーツ

G大阪、10日の大分戦中止 J1、コロナ陽性者増加で

 大阪府吹田市のパナソニックスタジアム吹田=2020年7月

 サッカーのJリーグは9日、G大阪で新型コロナウイルス陽性者が増えている状況を受け、10日に大阪府吹田市のパナソニックスタジアム吹田で予定されていたJ1のG大阪―大分を中止すると発表した。G大阪は名古屋戦、鹿島戦に続いて今季3試合目の中止。

 クラブでは8日にトップチームの選手、スタッフを対象に実施したPCR検査で、新たに選手1人とスタッフ1人の陽性が判明。保健所から当該の2人について濃厚接触者はいないとの見解を示されたが、陽性者は計8人に増えており、「現時点での感染の影響範囲が確定できない」として中止を決めた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス