スポーツ

聖火辞退「コロナ禍の開催疑問」 パラ競泳で金、秋山里奈さん

 女子100メートル背泳ぎ(S11)で獲得した金メダルを胸に、声援に応える秋山里奈さん=2012年9月、ロンドン・パラリンピック

 東京五輪の聖火ランナーを辞退したパラリンピック競泳金メダリストの秋山里奈さんが9日、共同通信の取材に応じ「コロナの感染拡大の収束が見えない中で、聖火リレーや五輪・パラを実施することに疑問がある」と辞退に至った理由を説明した。

 秋山さんはワクチンの接種も進んでいない現状を憂慮し「聖火リレーや大会で感染拡大の危険性が残る。命を最優先するべきだ」と強調した。

 東京五輪・パラについて「やるなら早く対策の公表を、やれないのならその決断を一日でも早くするのが選手のためだ」と訴えた。

 秋山さんは、ロンドン大会の競泳女子100m背泳ぎ(視覚障害)で金メダルを獲得した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス