感染ステージ3で重点措置を発動 新指標で入院率も監視

 新型コロナウイルス感染症対策分科会であいさつする西村経済再生相=8日午後、東京都千代田区

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は8日、感染状況を把握するための新たな指標を大筋でまとめた。監視項目として感染者のうち入院中の人の割合を示す「入院率」を追加。感染状況が「ステージ3(感染急増)」になれば、年齢別の感染者数などを考慮し、緊急事態宣言の前段階となる「まん延防止等重点措置」などの強い対策を早期に打つべきだとしている。

 西村康稔経済再生担当相は記者会見で「おおむね共通の認識ができた」と述べた。

 流行の「第3波」では、感染拡大に伴って入院できずに自宅で療養する人の急増が問題に。このため、医療の逼迫状況を把握する指標として入院率を加えた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス