芸能・文化

将棋、藤井棋聖が初防衛に好発進 棋聖戦5番勝負が開幕

 第92期棋聖戦5番勝負の第1局で渡辺明三冠(手前)に先勝した藤井聡太棋聖=6日午後、千葉県木更津市(代表撮影)

 将棋の藤井聡太棋聖=王位との二冠=(18)に渡辺明三冠(37)が挑む第92期棋聖戦5番勝負の第1局は6日、千葉県木更津市で指され、90手で後手の藤井棋聖が勝ち、初防衛に向け幸先のいいスタートを切った。

 前期の5番勝負は、挑戦者の藤井棋聖が渡辺三冠を対戦成績3勝1敗で破り、最年少の17歳11カ月でタイトルを奪取。今シリーズはリターンマッチとなっている。第2局は18日、兵庫県洲本市で行われる。

 白星発進の藤井棋聖は「防衛戦を意識せずに臨んだ」と話した。返り咲きを期す渡辺三冠は「予定の作戦だったが、長考したところで間違えた」と振り返った。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス