くらし

八幡平・鏡沼に「ドラゴンアイ」 雪解け時期の名物

 八幡平山頂付近の鏡沼に現れた「八幡平ドラゴンアイ」=9日午後、秋田県仙北市(小型無人機から)

 岩手、秋田両県にまたがる八幡平(1613メートル)山頂付近の鏡沼で、雪解け時期名物の「八幡平ドラゴンアイ(竜の目)」が今年も姿を現した。短期間しか見られない貴重な現象で、新型コロナウイルス禍にあっても、大勢の見物客が足を運んでいる。

 雪解け水の中心に残った雪が、竜の青い目のように見えることから命名され、さらに残雪が解けて穴が開くと「開眼」と呼ばれる。

 9日、ドローンで上空から撮影したが、亀裂や崩落が目立つ上、沼の水量が少ないため、特徴ある青色にはほど遠かった。八幡平パークサービスセンターの工藤祐子さんは「ドラゴンブルーにならず残念」と話した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス