政治

まん延防止、3県の解除を決定 群馬・石川・熊本、13日に

 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 政府は10日、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を持ち回りで開き、群馬、石川、熊本の3県に適用しているまん延防止等重点措置を、13日の期限で解除することを決定した。新規感染者が減少し、病床使用率も大幅に下がり、状況が改善したと判断した。緊急事態宣言を発令している10都道府県や、まん延防止を適用している他の5県の扱いは、来週検討する。菅義偉首相は官邸で記者団に「感染者数、病床の状況を専門家と相談しながら最終的に判断したい」と述べた。

 3県は、5月16日からまん延防止措置の対象地域に追加された。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス