経済

トヨタ工場、35年にCO2ゼロ 全世界、50年から前倒し

 オンライン記者会見でトヨタ自動車の二酸化炭素削減について説明する岡田政道執行役員=11日午後

 トヨタ自動車は11日、全世界の工場での二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにする目標の達成時期を2050年から35年に前倒しすると発表した。生産手法を工夫し、排出削減を加速させる。販売する自動車の環境性能向上に加え、製造過程でも脱炭素化を一層進め、世界的な規制強化に対応する。

 トヨタの生産担当の岡田政道執行役員が11日、オンライン会見で表明。岡田氏は「CO2を極限まで減らし、なくす技術を開発し(排出を実質ゼロにする)カーボンニュートラルまでの期間を短くする」と語った。

 自動車産業では、欧州や中国などで製造時のCO2排出量を含めた環境規制が検討されている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス