芸能・文化

作曲家の小林亜星さんが死去 「北の宿から」など、88歳

 死去した小林亜星さん

 「北の宿から」などで知られる作曲家で、ドラマ「寺内貫太郎一家」の主演でも親しまれた小林亜星(こばやし・あせい)さんが5月30日、心不全のため東京都内の病院で死去した。所属事務所などが14日、明らかにした。88歳。東京都出身。葬儀は近親者で行った。

 アニメ「魔法使いサリー」「ひみつのアッコちゃん」などの主題歌を手掛けたほか、幼児番組で使われた「ピンポンパン体操」がヒット。「どこまでも行こう」「日立の樹(この木なんの木)」など数千曲ともいわれるCMソングを作曲、親しまれた。

 都はるみさんが歌った「北の宿から」で1976年に日本レコード大賞を受賞した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス