スポーツ

競泳瀬戸「すごくわくわく」 高地鍛錬に充実感

 オンラインで報道陣の取材に応じる競泳男子の瀬戸大也=22日

 競泳日本代表の男子エース、瀬戸大也(TEAM DAIYA)が22日、オンラインで取材に応じ「体も心も整っている状態。すごくわくわくしている」と声を弾ませた。競泳初日の24日に、金メダルを狙う400メートル個人メドレー予選を泳ぐ。

 長野県東御市での高地合宿から21日に戻ったばかり。酸素が薄い環境で厳しい鍛錬を積み「完璧に練習ができた」と自信満々。本命の400メートル個人メドレーではマイケル・フェルプス(米国)が08年北京五輪で樹立した世界記録4分3秒84に迫る4分4秒を目標に掲げ、悲願の「金」以上に「4分4秒台を出せるかどうかのわくわくが強い」と明かした。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス