スポーツ

天摩主将「必ず金メダル」と抱負 ゴールボール女子が会見

 東京パラリンピックのゴールボール女子で2大会ぶりの金メダルを目指す日本代表が10日、オンラインで記者会見し、天摩主将(マイテック)は「今大会は金メダルを必ず獲得することが目標」と抱負を口にした。

 競技開始は25日で、日本は1次リーグ初戦で連覇を狙うトルコと対戦する。頂点に向けて試金石となる大事な一戦で、天摩主将は「勝つことができればリーグ1位通過が見えてくる。照準を置いて準備していきたい」と意気込んだ。

 大会が延期となった1年で磨いた攻撃力が鍵となる。回転投げが武器のポイントゲッター欠端は「しっかり得点して守りにつなげる役割を果たす」と自信を示した。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス