くらし

阪神梅田本店の食品売り場再開へ 20日から、集団感染で休業

 阪神百貨店梅田本店=大阪市

 阪急阪神百貨店は10日、従業員の新型コロナウイルスの集団感染があった阪神百貨店梅田本店(大阪市北区)で、感染者が集中し休業している食品売り場を20日に再開すると発表した。関係者全員のPCR検査の結果が判明し、行政の助言に基づく対策のめどがついたため。

 1階と地下1階の食品売り場は7月30日から休業している。大阪市の松井一郎市長は8月10日、報道陣に対して「感染した従業員がバックヤードで固まっているという事実は見当たらなかった」とし、来店客との接触が原因である可能性が高いとの見方を改めて強調した。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス