スポーツ

パラ聖火、公道リレー中止 東京、代替で点火式典

 聖火の納められたランタンを掲げる東京都の小池百合子知事=7月、東京都世田谷区

 東京都は10日、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、都内で今月20~24日に実施されるパラリンピック聖火リレーの公道走行を中止すると発表した。代わりにランナーたちがセレブレーション会場に集まり、関係者のみの点火セレモニーで炎をつなぐ。

 都内のリレーは、計35キロほどのコースを700人近くが走る予定だった。都内の62市区町村でおこした火を都庁に集める「集火式」は無観客で行う。採火方法やイベントの開催に関しては各自治体が判断する。

 都の担当者は「各地域の見どころを走る予定で、楽しみにしているランナーも多かったので非常に残念だ」と話した。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス