スポーツ

明徳義塾、明桜などが2回戦へ 全国高校野球選手権第3日

 県岐阜商―明徳義塾 9回裏明徳義塾2死二塁、サヨナラ二塁打を放った森松(右端)を迎える明徳義塾ナイン=甲子園

 全国高校野球選手権大会第3日は15日、甲子園球場で1回戦4試合が行われ、明徳義塾(高知)ノースアジア大明桜(秋田)神戸国際大付(兵庫)高川学園(山口)が2回戦に進んだ。

 明徳義塾は県岐阜商に3―2でサヨナラ勝ち。馬淵監督は歴代単独4位の甲子園通算52勝目。

 ノースアジア大明桜は帯広農(北北海道)を4―2で下し、31年ぶりの甲子園勝利。

 神戸国際大付は北海(南北海道)を2―1で退けた。二回に2点を先制し、2人の継投で逃げ切った。

 高川学園は小松大谷(石川)に7―6でサヨナラ勝ちし、甲子園初勝利。6―6の九回1死満塁から山が押し出し四球を選んだ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス