スポーツ

専大松戸、沖縄尚学など2回戦へ 全国高校野球第4日

 専大松戸―明豊 4回裏、適時打を放ちガッツポーズする専大松戸の吉岡=甲子園

 全国高校野球選手権大会第4日は16日、甲子園球場で1回戦4試合が行われ、専大松戸(千葉)、沖縄尚学、盛岡大付(岩手)、長崎商が2回戦に進んだ。

 専大松戸は今春の選抜大会準優勝の明豊(大分)を6―0で破り、甲子園初勝利。深沢が11奪三振で6安打完封した。

 沖縄尚学は阿南光(徳島)に8―0で快勝。当山が12奪三振で2安打完封。沖縄県勢として甲子園通算100勝目となった。

 盛岡大付(岩手)は初出場の鹿島学園(茨城)を7―0で下した。平内が3点本塁打を放ち、渡辺が5安打完封。

 長崎商は熊本工に8―4で勝ち、69年ぶりの甲子園勝利を挙げた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス