スポーツ

IPCパーソンズ会長が来日 東京パラ、観客の扱い協議

 24日に開幕する東京パラリンピックに向けて、国際パラリンピック委員会(IPC)のパーソンズ会長が16日、羽田空港着の航空機で来日した。大会終了まで滞在する。

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、観客の受け入れについて、政府、東京都、大会組織委員会、IPCは16日夜に代表者による協議を開き、方針を決定する予定。8日に閉幕した東京五輪は、大部分の会場が無観客で開催された。

 パラリンピックは緊急事態宣言が発令されている東京都と埼玉、千葉両県は、一般観客を入れずに開催する方向となっている。「学校連携観戦プログラム」は実施する方向で調整している。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス