スポーツ

パラ、池主将「チームを一つに」 優勝目指す車いすラグビー

 東京パラリンピック開幕を控え、オンラインで取材に応じる車いすラグビー日本代表の池主将=16日

 前回リオデジャネイロ・パラリンピックで銅メダルを獲得した車いすラグビー日本代表は16日から東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で直前合宿に入った。12選手中初代表が5人。フレッシュな布陣をまとめて、優勝を目指す池主将は「不安な選手もいると思うが、チームを一つに作り上げたい」と意気込んだ。

 新型コロナの感染が再拡大する中での開催に「この状況下で、世界中の選手が東京に集まれるのは幸せなこと」と感謝を口にした。米国出身のオアー監督は「選手が集まれない中でも練習映像を共有して、意思疎通を図った。最後の合宿でしっかりと仕上げたい」と語った。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス