原発処理水安全評価、9月から 経産相、IAEAと合意

 19日、あいさつを交わす梶山経産相(右)とIAEAのグロッシ事務局長=ウィーン(共同)

 【ウィーン共同】東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を巡り、梶山弘志経済産業相は19日、訪問先のオーストリア・ウィーンで国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長と会談した。経産省によると、IAEAによる処理水の安全性の評価を9月に始めることで合意した。IAEAは年内に調査団を派遣する。

 梶山氏は、処理水の処分に関し、IAEAと共に客観性、透明性の高い形で「国際社会に情報発信したい」とあいさつ。グロッシ氏は、訪問で「共同作業の具体的実現が始まる」と歓迎した。

 処理水に含まれる放射性物質トリチウムの濃度測定や、海洋放出に伴う環境への影響評価を進める。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス