政治

菅首相のメッセージ発信に疑問符 記者会見で答えない、はぐらかす

 17日、記者会見する菅首相=首相官邸

 新型コロナウイルスの感染防止を呼び掛ける菅義偉首相の姿勢が、疑問視されている。記者会見で質問にまともに答えず、はぐらかす場面が目立つ。再質問を認めないなどの会見のルールも、十分な質問をする妨げになっている。感染爆発を抑えるには市民の協力が不可欠だが、メッセージを真摯に発信しているようには見えない。

 「混雑した場所への外出を半分減らすなど協力をお願いする」

 菅首相は17日の会見でこう述べた。しかし直後に報道機関から「7月末の会見では『(感染拡大の)波を収めるのが私の責任』と述べた。自身の責任をどう考えるか」との代表質問を受けると「国民の命と安全を守る覚悟の下に、効果のある対策をやり抜く決意に変わりはない」とし、責任には触れなかった。

 代表質問の内容は、報道機関側が事前に首相官邸に伝えている。回答を準備できるにもかかわらず、無視した形だ。会見では「原稿の棒読みが指摘されている。どのように政治のメッセージを伝えていくのか」との質問も出たが、やはり、まともに答えなかった。

 質問に正面から答えない姿勢は、官房長官当時から変わらない。追及するような質問には「その指摘は当たらない」と、木で鼻をくくったような回答をしていた。

 評論家の荻上チキさんは、17日の会見内容を批判し「市民との信頼関係の構築が苦手で、コロナ禍の対応に向いていない」と言い切った。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス