国際

タリバン、数週間内に政権枠組み 融和姿勢に懸念も

 17日、アフガニスタン・カブールで記者会見するイスラム主義組織タリバンの報道担当者(共同)

 【カブール共同】アフガニスタンのイスラム主義組織タリバンは21日、新政権の枠組みを「数週間以内」に明らかにする方針を示した。ロイター通信が報じた。タリバンは政権掌握後、女性の人権尊重や融和を訴え「包括的なイスラム政権」を樹立すると表明。2001年に崩壊した旧政権と異なる印象をアピールするが、強権姿勢は変わらず、国内外で懸念が広がっている。

 タリバン内部の法律や宗教、外交の専門家が新政権の枠組みを提示する見通しで、欧米諸国が定義するような民主主義ではないが「全ての人々の権利を守る」方針だと主張している。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス