国際

次期駐日大使、同盟を重視 バイデン大統領と親密さ強調

 ニコラス・バーンズ氏=2008年1月、米ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米大統領が20日に駐日大使への指名を発表したラーム・エマニュエル前シカゴ市長(61)は声明で、バイデン氏と長年、共に仕事をしてきたと親密さを強調した。日米同盟は「自由で開かれたインド太平洋の平和と繁栄の礎だ」として重視する意向を表明。海洋進出を強める中国をにらみ、日米関係の強化を図る構えだ。

 ホワイトハウスは、市長時代にシカゴを経済開発により活性化したことや、オバマ政権で大統領首席補佐官として国家安全保障に関する決定に助言するなどした「公職での優れた経歴」を指名の理由に挙げた。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス