芸能・文化

野々村真さんが退院 重度のコロナ肺炎から回復

 野々村真さん

 新型コロナに感染して体調が悪化し、入院していたタレントの野々村真さん(57)が25日、ユーチューブで退院したことを明らかにした。「いろいろな検査の数値も安定し、もう大丈夫と聞けた」と明かし「仕事をまた一生懸命頑張っていきたい」などと話した。

 所属事務所などによると、野々村さんは7月30日にPCR検査で感染が判明。発熱やせきなどの症状があり約1週間、自宅療養したが回復しなかったため、入院したという。

 妻俊恵さんが8月9日放送のテレビ番組にメッセージを寄せ「肺が真っ白で、重度の肺炎」と病状を説明。ベッドから動けず、酸素吸入器を装着しているなどと伝えていた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス