芸能・文化

昭和の大映撮影所写真が「帰国」 豪に保管、京都で17日から展示

 日本で撮影され、オーストラリアで見つかった写真の数々(「Untitled.Showa」提供・共同)

 【シドニー共同】オーストラリアに住む日本人の写真家が見つけた昭和のモノクロ写真がデジタル修復され、日本に「帰国」する。戦後間もない京都・太秦の大映京都撮影所とみられる様子を写したスナップもある。約20枚が17日から1カ月間、京都市右京区の大映通り商店街で展示される。

 大映京都撮影所のバスの写真は、車体に1952年の作品「西陣の姉妹」の文字の一部が読み取れ、その頃に撮影したことがうかがえる。

 シドニー在住の写真家、金森マユさん(58)が2015年、フリーマーケットで写真約340枚を見つけ購入。秋田や奈良で撮影された写真もあったという。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス