シンガポール、再び行動制限強化 コロナ感染急拡大で

 【シンガポール共同】シンガポール政府は24日、新型コロナウイルスの感染急拡大で3人以上の集まり禁止や原則在宅勤務などの措置を取り、行動制限を再び強化すると発表した。期間は9月27日から10月24日まで。

 ワクチン2回接種率が8割を超えたが、1日当たりの新規感染者数が増え続けており、医療機関への負荷緩和を目指す。

 外食はこれまで5人まで許可されていたが、2人に制限する。また3回目のブースター接種の対象に50代を加える。

 シンガポールは自宅療養の導入などコロナとの共存策を模索している。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス