くらし

ブルーインパルス隊員が授業 宮城の小学校、「夢を大切に」

 宮城県東松島市の市立矢本東小学校で、夢を持つ大切さなどを語る「ブルーインパルス」パイロットの手島孝1等空尉(左)=5日午後

 航空自衛隊松島基地を抱える宮城県東松島市の市立矢本東小学校で5日、同基地を拠点とするアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」のパイロットが、夢を持つ大切さを伝える授業を行った。手島孝1等空尉(32)は、5、6年生の児童145人に「夢はかなえるためにある。なりたいではなく『なる』と決めて頑張って」と勇気づけた。

 手島1尉は、編隊長が操る1番機の真後ろで隊形を整える4番機パイロット。幼少時に足を運んだ航空祭で同チームに感動し、隊員を志した。試験に1度落ちながら、再挑戦の末に入隊を果たした自身の経験を交え「努力すれば必ず道は開ける」と訴えた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス