スポーツ

坂本がSP首位、河辺2位 フィギュア近畿選手権

 女子SPで演技する坂本花織=木下アカデミー京都アイスアリーナ(代表撮影)

 フィギュアスケートの近畿選手権は9日、京都府宇治市の木下アカデミー京都アイスアリーナで行われ、女子ショートプログラム(SP)は2018年平昌冬季五輪代表の坂本花織(シスメックス)が72・02点で首位に立った。河辺愛菜(木下アカデミー)がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決め、65・16点で2位。

 17年四大陸選手権女王の三原舞依(シスメックス)は北京五輪テスト大会を兼ねたアジアンオープントロフィー(14~16日・北京)出場が決まったために棄権した。

 男子SPは友野一希(セントラルスポーツ)が75・90点でトップ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス