国際

チェコ、得票率で野党連合首位 下院選、政権交代が焦点

 【プラハ共同】8~9日に行われたチェコ下院選は9日、開票が終了し、バビシュ政権との対決姿勢を示し選挙戦を展開した野党連合「SPOLU」が得票率で首位になった。SPOLUの27・79%に対し、バビシュ首相の与党「ANO2011」は同27・12%だったが、議席数では最多。今後は連立協議を通じ、政権交代につながるかどうかが焦点になる。

 政権を批判し汚職対策などを訴えた「海賊党と無所属および首長連合(STAN)」は得票率15・62%。地元メディアによるとSPOLUと「海賊党とSTAN」は連立政権の樹立に向けた覚書で合意。互いに他政党とは交渉しないことを確認した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス