芸能・文化

アイドル公演で制限緩和実証実験 名古屋のホール、8000人

 愛知県は13日、新型コロナの行動制限緩和に向けた国の実証実験の一環で実施する音楽コンサートの概要を発表した。12月11、12両日、アイドルグループ「Hey!Say!JUMP」の公演を日本ガイシホール(名古屋市)で、定員いっぱいで開催する。

 1日2回公演で、各回最大収容人数の8千人、計3万2千人の観客を入れる。県がワクチン接種歴の確認や、イベント前後のPCR検査を実施。観客の連絡先リストも作成する。

 大村秀章知事は13日の記者会見で「貴重な実証イベントだ。事前に事業計画を主催者から聞き取ったり、当日も県職員が出向いたりして詳細を把握していきたい」と述べた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス