政治

14日午後に衆院解散、選挙戦へ 経済対策実行に国民の審判

 夕暮れに浮かび上がる国会議事堂。岸田首相は14日、衆院を解散する=13日

 岸田文雄首相は14日午後、衆院を解散する。その後の臨時閣議で「19日公示、31日投開票」の衆院選日程を正式決定する。与党は、新型コロナウイルス感染症対策を含む大胆な経済政策を実行に移すため、国民の審判を仰ぐ必要があると強調。野党の立憲民主党は共産党などとの共闘を強化し、政権と厳しく対峙する意向だ。

 衆院選は自民、公明両党が定数の3分の2の計310議席を得た2017年10月以来。安倍、菅両内閣から続く政府のコロナ対策や、経済再生策が争点となる。衆参両院で11~13日に行われた各党代表質問では、中間層への分配や富裕層との格差是正が主要論点として浮上した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス