政治

れいわ公約、消費税廃止 コロナ禍、毎月20万円給付

 街頭演説する、れいわ新選組の山本代表=13日午後、東京都新宿区

 れいわ新選組は13日、衆院選公約を発表した。新型コロナウイルス禍の経済対策として「徹底補償」を掲げ、消費税を廃止するのが柱。最大3カ月間は1人当たり毎月20万円の「コロナ脱却給付金」を支給し、社会保険料、水道・光熱費、通信費もゼロにすると訴えた。脱原発の立場から、原発は政府が買い上げて「着実に廃炉を進める」とした。

 山本太郎代表は東京都内で「徹底したコロナ対策と積極財政で、25年続くデフレを吹き飛ばし、不況を食い止めないといけない」と記者団に強調した。

 教育は完全無償化。児童手当を毎月3万円支給する。財源は「富裕層に応分の負担を求める」と主張している。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス