国際

中ロ外相、オーカスに懸念 共に「新冷戦」に反対

 ロシアのラブロフ外相(左)と中国の王毅国務委員兼外相=30日、ローマ(ロシア外務省提供、タス=共同)

 【北京、モスクワ共同】ロシアのラブロフ外相は30日、20カ国・地域首脳会議(G20サミット)開催中のイタリア・ローマで中国の王毅国務委員兼外相と会談した。中国外務省によると、両氏は米英豪の新たな安保枠組み「AUKUS(オーカス)」に「重大な懸念」を表明した。王氏は「ロシアと共に『新冷戦』に反対する」と強調した。

 両氏は、オーカスは「典型的な軍事グループ」で、平和を求める時代の流れに背いているとの認識で一致した。

 ロシア外務省は、欧米による「民主主義の基準を決めようとする試みや独立国家への内政干渉」についても話し合い、「両国の立場が一致した」としている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス