国際

イランに誠実な努力要求 米英仏独首脳、核合意再建協議で

 G20サミットに出席するためローマを訪れたバイデン米大統領(右)ら=30日(AP=共同)

 【ローマ共同】米英仏独の4首脳は30日、訪問先のイタリア・ローマで、イラン核合意の再建を目指す協議の再開に向けて会合を開いた。会合後に発表した共同声明で、イラン側が示した11月末までの協議再開方針を踏まえ、イランのライシ大統領に対して「交渉妥結に向けて誠実な努力を求める」と表明した。

 バイデン米政権は前政権が離脱した核合意の再建に向けてイランとの間接協議を4月に開始した。だが6月にイラン大統領選で反米保守強硬派ライシ師が当選し中断。間接協議は核合意に残る英仏独中ロなどが仲介役で、米国の復帰や対イラン制裁解除、イランの核開発制限などが話し合われてきた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス