国際

中国の動物園、サルに喫煙強制 「虐待」と非難

 【上海共同】中国のインターネットメディア「澎湃新聞」は8日、河北省衡水市にある動物園が動画投稿アプリの公式アカウントで、アカゲザルの子どもに喫煙を強制する動画を公開していたと報じた。動物園側は「たばこの害を伝えるためだった」と釈明したが「虐待だ」と非難する声が上がり、動画を削除した。

 ネット上に転載された動画では、洋服を着たサルが火を付けたたばこをくわえ、まばたきを繰り返す様子が映っていた。香港メディアは、サルはスタッフにたばこを取り上げられた後、地面に倒れ込んだと伝えた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス