芸能・文化

天台座主、森川宏映氏が死去 第257世、96歳

 森川宏映氏

 天台宗最高位の第257世天台座主の森川宏映(もりかわ・こうえい)氏が22日午前7時30分、老衰のため大津市の自坊「真蔵院」で死去した。96歳。愛知県出身。葬儀は密葬が延暦寺葬として26日正午から滋賀院門跡で。葬儀委員長・喪主は水尾寂芳(みずお・じゃくほう)延暦寺執行。本葬は天台宗葬として執り行うが、日時は未定。葬儀委員長・喪主は阿部昌宏(あべ・しょうこう)天台宗宗務総長。

 1936年に得度受戒。延暦寺副執行や比叡山中学・高校長、毘沙門堂(京都市山科区)門主などを歴任。2015年12月に半田孝淳前座主の死去に伴い、延暦寺の住職である天台座主に就任した。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス