国際

豪も外交ボイコットを検討 北京五輪、米英に同調

 【シドニー共同】オーストラリア政府が中国の人権問題を理由に、来年2月の北京冬季五輪に政府高官らを派遣しない「外交ボイコット」を検討していることが25日分かった。同様の措置を検討している米国や英国などの判断に同調する考え。シドニー・モーニング・ヘラルド紙電子版が報じた。

 オーストラリア政府は中国元副首相との不倫告白後に動静が一時分からなくなったテニス選手彭帥さんを巡る問題も懸念。公式に「ボイコット」とは呼ばないが、ペイン外相やコルベック・スポーツ相、駐中国大使らの派遣を見送る案などを検討しているという。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス