経済

歳出総額35兆9895億円 補正予算案、国債22兆円超

 霞が関の官庁街(手前)と国会議事堂(右奥)、首相官邸(左奥)=東京都千代田区

 政府が経済対策の裏付けとして編成する2021年度補正予算案の全容が25日、分かった。経済対策関連の追加歳出は31兆5627億円で、地方交付税交付金などを加えた一般会計の歳出総額は、補正として過去最大の35兆9895億円となる。財源不足を穴埋めするため国の借金に当たる新規国債を22兆580億円新たに発行する。26日に閣議決定する。

 21年度の税収は従来見通しから6兆4320億円上振れすると見積もり歳入に計上。20年度の剰余金6兆1479億円も活用する。

 21年度の新規国債発行額は、21年度当初予算の43兆5970億円と合わせ、65兆円超まで膨らむ。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス