くらし

東名高速道に水素ステーション 燃料電池車用、23年春に開業

 東名高速道路下り線の足柄サービスエリアに設置する水素ステーションのイメージ(NEXCO中日本提供)

 中日本高速道路は25日、東名高速道路下り線の足柄サービスエリア(静岡県御殿場市)に、高速道路の休憩施設では初となる水素ステーションを設置すると発表した。2023年春の開業を目指す。脱炭素社会に向けた対応の一環。

 水素で走る燃料電池車は走行時にCO2を排出しないため、次世代車として期待される。現在、国内の燃料電池車は約5千台にとどまるが、需要の高まりに備え設置を決めた。1時間で12台の車のエネルギーを補給できるという。

 宮池克人社長は「燃料電池車は短時間の充填で長い航続距離が確保できる特徴がある。ネットワークの整備で環境問題の解決に貢献していく」と話した。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス