経済

日産、電動化投資5年間で2兆円 「全固体電池」28年度実用化

 日産自動車の「長期ビジョン」を発表する内田誠社長兼CEO。奥は新型電気自動車のイメージ=29日午前

 日産自動車は29日、電気自動車(EV)の開発など電動化対応に今後5年間で2兆円を投資すると発表した。2030年度までに世界販売における車種ラインアップの50%以上を電動車にすることを目指し、EV15車種を含む23車種の新型の電動車を投入する。EVなどの走行距離を伸ばせる次世代型の「全固体電池」を28年度までに実用化する。

 同日発表したEV開発や脱炭素の取り組みに関する「長期ビジョン」で明らかにした。世界的な脱炭素の流れを受け、電動化の戦略を鮮明にして成長を加速させる。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス