国際

元レーサー、アレジ氏拘束 仏、爆竹で器物損壊容疑

 元F1レーサー、ジャン・アレジ氏=2018年6月、オーストリア・シュピールベルク(ゲッティ=共同)

 【パリ共同】フランス南部アビニョンの警察は21日までに、大型の爆竹で義理の兄弟の事務所を破損したとして器物損壊の疑いで、アビニョン郊外に住む同国の元F1レーサー、ジャン・アレジ氏(57)を拘束し、取り調べた。レキップ紙などが伝えた。アレジ氏は俳優、後藤久美子さんとの間に子どもがいる。

 アレジ氏は調べに対し「悪い冗談だった」と述べたという。被害者はアレジ氏の女きょうだいと離婚手続き中の建築家とされ、動機を詳しく調べている。

 アレジ氏は1989~2001年にF1レーサーとして活躍した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス