くらし

新春恒例フグの初競り、下関 コロナ影響も昨年より高値

 フグの初競りで「袋競り」をする競り人(右)と仲買人=4日未明、山口県下関市の南風泊仮設市場

 山口県下関市の南風泊仮設市場で4日未明、新春恒例のフグの初競りがあり、天然や養殖のトラフグ計約5・6トンが出荷された。1キロ当たりの最高値は1万7千円。新型コロナウイルス禍で消費が減った昨年を2千円上回ったが、2020年初競りの2万円には届かなかった。オミクロン株の出現など、感染状況悪化への不安が影響したという。

 午前3時25分ごろ、ベルの合図で競りが始まり「どうか、ええか」と威勢の良い掛け声が響いた。競り人と仲買人が筒状の黒い袋の中で指を握って値段を決める「袋競り」で、次々とフグが競り落とされた。

 フグは東京や大阪など全国へ出荷される。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス