国に新変異株の対応方針を要望 首都圏知事がテレビ会議

 新型コロナの対応を協議する首都圏各知事のテレビ会議の画面。(左上から時計回りに)埼玉県の大野元裕知事、千葉県の熊谷俊人知事、神奈川県の黒岩祐治知事、東京都の小池百合子知事=7日午後

 首都圏の東京都と埼玉、千葉、神奈川県の各知事は7日、新型コロナウイルスの感染急拡大を受けてテレビ会議を開いた。オミクロン株について早急に分析した上で、その特性を踏まえた対応方針の策定やワクチン・検査パッケージの見直しなどを求める国への要望書を共同で提出した。

 要望書では、保健所が現在原則として1日1回実施している自宅療養者への健康観察について、患者急増の際には頻度や方法を緩和することなども求めた。

 埼玉県の大野知事は「ペースを考えるとさらに強い要請をすることも想定しなければならない」と指摘。千葉県の熊谷知事は「隔離期間の見直しを求めたい」と述べた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス