政治

皇位継承、12日に国会報告 首相、衆参議長らと会談

 (左から)岸田文雄首相、細田博之衆院議長、山東昭子参院議長

 政府は、安定的な皇位継承策を検討していた有識者会議の答申を受け、今月12日に国会へ検討結果を報告する方向で最終調整に入った。岸田文雄首相が細田博之、山東昭子衆参両院議長らと会談し、伝える見通しだ。首相との会談を受け、細田氏は18日にも各党各会派代表を議長公邸に招き、松野博一官房長官らから詳しい説明を受ける意向だ。関係者が7日、明らかにした。これにより皇室問題に関する議論の舞台は政府から国会に移り、与野党協議がスタートする。

 政府の有識者会議(座長・清家篤元慶応義塾長)は昨年12月、皇族数確保策を盛り込んだ報告書を首相に提出した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス