国内コロナ感染、今年最多8千人 東京1週間で15倍に

 マスクを着けた大勢の人が行き交う東京・渋谷のスクランブル交差点=8日午後

 国内で8日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者が昨年9月11日以来となる8千人超となった。沖縄県は1759人で、3日連続最多。東京都は1週間前の約15倍となる1224人だった。政府は9日、沖縄・広島・山口3県にコロナ対応の改正特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」を適用。全国で「第6波」の様相が濃厚となり、規制強化の議論が加速しそうだ。

 オミクロン株の影響で新規感染者は関東や関西などの都市部を中心に全国で増加している。現在の人数は昨年12月のクリスマス前後の状況を映しているとされる。年末年始や8日からの3連休の人の移動で、感染拡大の恐れがある。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス